医学部に合格したいなら医学部予備校選びはしっかり行なう

婦人

設備の充実度は大切

医師

遠方の受験生も多い

東京には医学部を設置している大学が多いため、医学部予備校もたくさん存在しています。東京近辺に住んでいる受験生だけでなく、地方から快適な学習環境を求めて東京の医学部予備校で勉強する人も少なくありません。自分に合った医学部予備校を選ぶためには、設備が充実しているかをチェックしてみましょう。特に遠方から東京に来る受験生にとっては寮が完備しているかは重要なポイントです。寮には同じ目的を持った受験生が集まるので、互いに刺激になり勉強に集中できるメリットがあります。また学生会館と提携している医学部予備校も多いので、資料請求をして確認してみると良いでしょう。東京にいればたくさんの医学部を受験できるので、早めに雰囲気に馴染んでおくことが大切です。

自習室の充実度

東京は医学部予備校の激戦区で、学校ごとにそれぞれ雰囲気が異なります。また学校ごとに講師の指導方針や独自のカリキュラムを打ち出して、多くの受験生を引き付けています。医学部予備校にはある程度の期間通い続ける必要があるため、学校の設備の充実度は受験生にとって重要なポイントです。特に講義時間以外は自習室で勉強することが多いので、そこで集中したい受験生も多いです。個別ブースの自習室があると長時間気兼ねなく勉強できるのでおススメです。また医学部受験生はたくさんのテキストを持ち歩くことが多いので、自習室に個別ロッカーがあると大変便利です。自宅だと勉強に集中できない受験生もいるので、朝早くから夜遅くまで開放している自習室も良いでしょう。実際に予備校を見学して自習室の様子を確かめてみましょう。

現役高校生の受験対策

筆記用具

現役高校生が予備校に通うときには、推薦入試を視野に入れながら学校の授業内容を学ぶことも重要ですが、ハイレベルな選抜コースの授業も役立つでしょう。学習アドバイザーから助言を受けられることや、自習室の教材も活用できることが、評判になっている予備校の特色です。

読んでみよう

合格する確率がアップする

先生

医学部は偏差値が高く、国立になるとさらに入学の倍率が高い傾向にあります。そのため、学力を上げるためにも医学部進学を専門にした予備校に通うと良いでしょう。予備校は、全国の医学部の情報を把握しているため、試験に出る傾向を予測して授業を行なっています。

読んでみよう

特殊な入試

高校生

ao入試は高校時代に頑張ってきた人たちのための入試方法です。試験方法はかなり特殊でそれぞれの対策が必要になります。試験の時期も一般より早いので、受験しようかと考えている場合は早め早めの準備が必要になります。

読んでみよう